2021年12月4日(土)
山形新聞ロゴ
[PR]

最年少でトニー賞主演男優賞受賞したエヴァン・ハンセン役の“ベン・プラット”とは?

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』(11月26日公開) (C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
 第71回トニー賞6部門(主演男優賞、作品賞、脚本賞、楽曲賞、助演女優賞、編曲賞)、第60回グラミー賞(最優秀ミュージカルアルバム賞)、第45回エミー賞(デイタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞)を受賞したブロードウェイ・ミュージカル「Dear Evan Hansen」を映画化した『ディア・エヴァン・ハンセン』(11月26日公開)。ミュージカル版、映画版ともに主人公のエヴァン・ハンセンを演じるのはベン・プラット。彼がこの作品と初めて出会った時に感じたことや本作への想いを語る特別映像が解禁となった。

【動画】映画『ディア・エヴァン・ハンセン』特別映像

 この映像では、映画版で共演したジュリアン・ムーアやエイミー・アダムスといった俳優陣たちがベン・プラットへの印象を語る映像も含まれており、本編への期待が高まる映像となっている。

 同作は、日常に不安や孤独感を抱える高校生が、1通の手紙と“思いやりの嘘”をきっかけに、人とのつながりや<本当の自分>に気づくまでの過程を描く。ミュージカル公演時にはヒラリー・クリントンやマーク・ジェイコブスなど多くの著名人を魅了し、その初演で主役のエヴァン・ハンセンを演じて大絶賛を受けたのがベン・プラットだ。当時最年少で第71回トニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞するほど、多くの人々を虜にした。

 今回の映画化で“エヴァン・ハンセン”を演じるなら彼しかいない、とスティーブン・チョボスキー監督の熱望を受けて「エヴァン役はこれが最後」と出演を決意。圧巻のパフォーマンスを見せるベン・プラットが、今度はスクリーンを通して観客を魅了する。

 3年半もの間、ミュージカル版でエヴァンを演じたベン・プラットは、「何年にもわたって彼を理解し、彼と一体化し、身体的、感情的、音声的に彼を表現することができたから、エヴァンは僕にとってすごく特別な存在だったし、第二の人格のようだった」と語っており、「舞台よりオープンにするというよりは調整し直すという感じだった。心と体の動きを表現しつつ、内面の不安をしっかりと伝えていく必要がある」とミュージカル版より自然に内面を表現するよう意識したと、映画版とミュージカル版との表現の違いを明かしている。歌だけでなく、主人公エヴァン・ハンセンの心と身体の動きにも注目だ。

 映画版には、エヴァンが想いを寄せるコナーの妹、ゾーイ・マーフィー役をケイトリン・デヴァー(『ブックスマート卒業前夜のパーティーデビュー』(19年))がエヴァンを支え、励ますシングルマザーのハイディ・ハンセン役をジュリアン・ムーア(『アリスのままで』(14年))、コナーとゾーイの母親シンシア・マーフィー役をエイミー・アダムス(『バイス』(18年))が出演。

 製作には『ラ・ラ・ランド』(16年)、『グレイテスト・ショーマン』(17年)のスタッフ陣が集結。「第34回東京国際映画祭」のクロージング作品として本作の上映が決定し、国内外を問わず大きな期待と注目を集めている。

公開:2021-10-15 20:55
更新:2021-10-15 20:55
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]