2021年11月29日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

【おかえりモネ】第111回見どころ 耕治と龍己があることで揉める

『おかえりモネ』第111回より(C)NHK
 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。18日放送の第111回あらすじを紹介する。

【場面写真】亮の胸の内を新次に話す百音

 第23週(18日~22日)のタイトルは「大人たちの決着」。夕方、百音(清原)と未知(蒔田彩珠)が家に帰ると耕治(内野聖陽)と龍己(藤竜也)が何やらもめていた。なんと、耕治は「銀行を辞めて、海の仕事を継ぎたい」と言い出し、龍己は大反対する。

 翌日、百音が仕事をしていると、みんなの広場にイチゴの配達で新次(浅野忠信)がやってくる。百音は意を決して亮(永瀬廉)がずっと我慢してきた胸の内を新次に告げる。すると新次は…。

 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。
公開:2021-10-16 08:15
更新:2021-10-16 08:15
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]