2021年12月8日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

【ネタバレ】『虹とオオカミ』第11話振り返り ついにしゅうぞう&セイラが向き合う 新たなバトルも勃発

『虹とオオカミには騙されない』第11話より(C)AbemaTV, Inc.
 ABEMAのオリジナル恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『虹とオオカミには騙されない』の第12話がきょう17日に放送するのを前に、先週放送された第11話をプレイバック。

【写真】仲良し!セイラの頭に手をのせウインクするしゅうぞう

  3人の女性から想いを寄せられ、自分の気持ちの行方に思い悩んでいたしゅうぞうが、太陽LINEでデートに誘ったのはセイラ。一時は「恋愛として燃え上がっていない」としゅうぞうに告げられていたセイラは「なんでデートに誘ってくれたのか疑問なんだよね」と率直に投げかける。しゅうぞうは「俺の中で変化があった。セイラと向き合いたいと思った」と気持ちの変化を告白。セイラは気持ちを受け止めつつも、3人の女性の間で言葉を濁し続けてきたしゅうぞうに対して「好きだという気持ちは変わらないけど、ずっとオオカミだと思ってた。だから怖いかも」と不安な心境を打ち明ける。

 しゅうぞうは「それはハッキリとした気持ちを伝えなかった自分に原因がある」と反省した上で、「いろんな場面でみんなのために行動する姿を見て、セイラと向き合いたいと思った」と改めてセイラへの想いを伝えた。セイラは少し考え込んだ後、「1つお願いがあります。あなたが1番幸せになれる選択をしてほしい。自分が選ばれなくても、しゅうぞうくんが幸せだったら良い」と気丈に振る舞い、この言動に視聴者も「冷静に言葉を受け止めているのかな」「さくらとの友情も気にしているのかな」と推測していた。

 一方で、前回しゅうぞうに「1番だなって思った」と気持ちを伝えていたTakiはしゅうぞうのデートに参加せず、しょうたを2人きりのデートに誘う。2人の思い出の花であるヒマワリが目一杯映し出されているスクリーンに囲まれながら、Takiは「『もう気持ちはない』って言ったこと、すごく後悔してる」と涙ながらに告白。しょうたが「この夏だけじゃなくて、冬も思い出を上書きしていきたい」と一途に想いを伝え続けてくれたことを回顧し、「将来の話をしてくれた時、すごくキュンってした」とTakiがはにかみながら伝えると、スクリーンは次第にヒマワリからコスモスへ。

 スクリーンのコスモスを指さしながらTakiは「ヒマワリの後は季節が変わって、これから秋になる。秋のコスモスを渡したいです」としょうたにコスモスの花をサプライズプレゼント。感動するしょうたに「秋からも一緒にいたい」とTakiから想いが伝えられ、ついに2人の気持ちが通じ合った。しょうたは「もう離さない」とTakiの手を握り、2人の間には幸せな時間が流れると、スタジオのMC陣も感極まり「本当にうれしい!」「時間かかったけど、良かった!」「心がギュッとなった…」と涙ながらに喜んだ。

 さらに、別の恋模様も動き出す。のあの脱落に意気消沈していたかいとは、デートの誘いが全員に知らされる「太陽LINE」でモモカを誘う。かつてモモカはかいとに想いを寄せ、かいとはモモカに気持ちはないとハッキリ伝えていた2人の関係。Takiは「(モモカはかいとへの想いが)ちゃんと終わっていない気がしてる。人を好きになるのは5秒だけでいいから」とモモカの気持ちはデートの誘いによって揺れていると分析。エザキとの安定した関係を築いている中、モモカの恋心は再燃するのか。また、他のメンバーは「のあのこと好きって言ってたのに…?ということはオオカミ!?」とかいとを“オオカミ”だと怪しむ声が。かいとの行動は次に進むためのものなのか、それとも“オオカミ”ゆえの行動なのか…。

 第12話では、動き出した危険な恋で修羅場が訪れる。モモカと両想いのエザキもそのデートへの参加を即座に表明する一方で、ある意外なメンバーも動き出す。人知れず恋の矢印の向きを変えるメンバーとは。そして、脱落したのあは復活することができるのか。仲間の復活をかけ、スニーカー製作に励むメンバーの絆からも目が離せない。

公開:2021-10-17 19:00
更新:2021-10-18 20:46
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]