2021年10月25日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

「スーパーマリオ」のアニメ映画、北米で2022年12月に公開

マリオシリーズの生みの親として知られる任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏
 任天堂「スーパーマリオ」のアニメ映画が、北米で2022年12月21日に公開されることが発表された。あわせて、マリオなど登場キャラクターの声を担当するキャストが明らかになった。

【写真あり】米イルミネーションがSNSで発表したキャスト一覧

 マリオ役は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのスター・ロード役や『ジュラシック・ワールド』シリーズのオーウェン・グレイディ役などで知られるクリス・プラットが務める。ほか、発表されたの配役は以下のとおり。

ピーチ役:アニャ・テイラー=ジョイ
ルイージ役:チャーリー・デイ
クッパ役:ジャック・ブラック
キノピオ(Toad)役:キーガン=マイケル・キー
ドンキーコング役:セス・ローゲン
クランキーコング役:フレッド・アーミセン
カメック役:ケビン・マイケル・リチャードソン
ガボン(Spike)役:セバスティアン・マニスカルコ

 そして、ゲームのマリオシリーズにおいて、マリオのほかにルイージやワリオ、ワルイージなどのキャラクターの声も担当してきたチャールズ・マーティネーのカメオ出演が明かされた。

 任天堂は2018年2月1日に、「スーパーマリオ」のアニメ映画化に向け「ミニオンズ」シリーズなどで知られるイルミネーション(米・カリフォルニア)と協同で企画開発を開始したことを発表していた。配給は全世界においてユニバーサル・ピクチャーズが行う。
公開:2021-09-24 09:35
更新:2021-09-24 09:40
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]