2021年10月26日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

【青天を衝け】“土方歳三”町田啓太に称賛の声「土方さんロス」「最高だった」

『青天を衝け』第27回「篤太夫、駿府で励む」より(C)NHK
 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第27回「篤太夫、駿府で励む」が19日、放送された。

【写真あり】負傷しながらも美しい横顔の“土方歳三”町田啓太

 今回、篤太夫は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、水戸にいる昭武のことを思って辞退する。しかし、この命が慶喜の配慮であることを大久保一翁(木場勝己)から聞かされ、駿府に残る決断をする。篤太夫はパリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。駿府藩の財政改革に乗り出す。一方、箱館では、成一郎(高良健吾)や土方歳三(町田啓太)らが新政府軍を相手に決死の抵抗を続けていた…という内容だった。

 この日の放送では、市村鉄之助に対し、実家に自らの写真を届けるように頼んだ土方。成一郎には「生きて日の本の行く末を見届けろ」と戦地から追い出し、自身は「新選組の名に恥じぬよう潔く散り、胸を張ってあの世で友と酒を酌み交わしたい」と最期まで戦い抜くことを誓った。

 SNSでは「いちいちかっこよくて最高だった」「土方さんロス」「最高にかっこいい土方歳三…ありがとう町田啓太…」「熱のこもったお芝居。声も太く力強くいつもの優しい啓太ボイスとは全然違って」など、町田が演じた土方を称賛する声が続出している。
公開:2021-09-19 20:56
更新:2021-09-19 20:56
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]