2021年10月27日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

伊勢正三、大久保一久さんとの別れに肩落とす「元気だった頃の顔が浮かんでくる」

大久保一久さんを追悼した伊勢正三
 12日未明、ミュージシャン・大久保一久さんが心臓麻痺のため死去した。享年71歳。16日に東京・戸田葬祭場で営まれた葬儀・告別式には、フォークデュオ・風で大久保さんと組んでいた伊勢正三(69)も駆けつけ「よく電話で話していた。とても元気だったの…」と語り、盟友との突然の別れに肩を落とした。

【写真】「22才の別れ」がヒット 伊勢正三&大久保一久さんのデュオ・風

 「久保やんが亡くなったという時間、風の映像を観ていたんですよ。もちろん、これは偶然なんですけど…。実は、今月の末に通販で発売してきた『伊勢正三LIVE BEST~風が聴こえる~風LIVE Vintage』も出す予定で、このアルバムについて久保やんとも話していたのですけどね」。出棺の時、伊勢はぽつんとつぶやいた。

 伊勢にとってはショックな50周年となった。「なごり雪」や「22歳の別れ」など数々の名曲、ヒット曲で知られる伊勢が、キャリア50周年を記念して“軌跡”のオールタイム・ベストアルバムを22日にする矢先の訃報となった。

 アルバムは「かぐや姫」「風」そして、ソロの時代を含め「あの日のままの、あの日の音をそのまま」に完全オリジナル音源を最新のリマスターで鮮やかに蘇らせたもの。伊勢は「改めて聴くと、元気だった頃の久保やんの顔が浮かんでくる」としみじみ語った。

 伊勢のデビューは71年9月25日に南こうせつ(72)、山田パンダ(76)と結成した、かぐや姫だった。その後、フォークグループ・猫のメンバーだった大久保さんと結成したのが、風だった。「かぐや姫を解散してソロ活動を始めようした時に、一方で誰かとコンビを組むことも考えていた。その時に、やはりグループを解散したばかりの大久保さんと知り合った」と、結成のきっかけを明かした。そして、デビュー曲として発売したのが、かぐや姫時代に書き下ろした「22才の別れ」だった。

 80年からはソロ活動に転じた。しかし、「ソロになった後も、たびたび正ちゃんのコンサートに大久保さんが駆けつけたことがあった」(音楽関係者)そうで、08年には再結成に向け動いていたが「コンサート・リハーサル中に倒れてしまった」(同)という。

 その大久保さんを励ますかのように伊勢は、その後も精力的に全国各地をライブで回り続けてきた。「実は、久保やんと一緒にツアーする予定だったコンサートを、その後、1人でやったんです。久保やんの書き下ろした曲もセットリストに入れ、久保やんのパートも僕が歌う形でコンサートをしました」。

 その中で伊勢は「ちょうど50周年を迎える9月発売を目指して半年がかりで作業を進めてきた。コロナ禍でライブも厳しい中、これまで支えてきてくれたファンに喜んでもらえるような作品集を届けたいと思った」と心境を吐露した。

 アルバムは日本クラウン版が71年から80年までの作品を中心に構成したベストアルバム『伊勢正三の世界~PANAMレーベルの時代~』。そして、フォーライフ版はデビューから現在までのプレミアムなライブテイクを集めたライブアルバム『THE伊勢正三 50th・LIVE COLLECTION』の2タイトルが発売される。
公開:2021-09-16 18:00
更新:2021-09-16 18:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]