2021年10月19日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

劇場版『科捜研の女』沢口靖子 vs 佐々木蔵之介、マリコが言い返せない直接対決シーン

『科捜研の女 -劇場版-』(公開中)榊マリコ(沢口靖子)vs天才科学者・加賀野亘(佐々木蔵之介) (C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会
 今月3日より劇場公開中の映画『科捜研の女 -劇場版-』より、女優の沢口靖子が演じる京都府警科学捜査研究所(通称:科捜研)の法医研究員・榊マリコ(※榊=木偏に神)と、佐々木蔵之介演じる天才科学者・加賀野亘が直接対決するシーンを収めた本編映像が解禁された。

【動画】映画『科捜研の女 -劇場版-』本編特別映像

 テレビ朝日系で20年以上続いている、現行の連続ドラマ最長シリーズの初の映画化作品。解決した事件数は250を超える“科捜研の女”マリコにとってシリーズ史上最強の敵として立ちはだかるのが加賀野だ。

 連続科学者転落死事件の調査を進めるマリコたちは、腸内細菌・通称「ダイエット菌」を研究し脚光を集める天才科学者・加賀野にたどりつくが、決定的な証拠を見つけられずにいた。そんな中、被害者の脳CT画像から、脳症を発症していたことが判明。これを武器に、マリコは「ダイエット菌」の毒性を指摘し加賀野を追い詰めるが、毎日「ダイエット菌」を飲んでいる微生物学研究員・森奈々枝には何ら影響が出ていないため、「科学者なら憶測で発言せず、科学で証明したまえ」と追い返されてしまう。

 マリコが初めて加賀野と直接対決するこのシーンは、加賀野に挑戦状を突きつけられたマリコが苦悶の表情を浮かべるなど、数々の難事件を解決してきたマリコにとっても、加賀野がいかに強大な敵なのかを見せつける場面でもある。

 沢口は、敵対する役どころということで撮影中はあえて佐々木と会話をしないように努めたという。さらに、加賀野との対決シーンの撮影については、「佐々木さんはお芝居にスイッチが入るとすごい迫力で、気圧されそうになり心を強く持って臨みました」とコメントし、佐々木のパワフルな演技に引き込まれるかのように、科学者同士の迫力あふれるシーンに仕上がっている。

公開:2021-09-15 12:00
更新:2021-09-16 12:46
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]