2021年10月20日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

【第34回東京国際映画祭】吉田恵輔監督の特集上映決定 『空白』『ヒメアノ~ル』『BLUE/ブルー』など

10月30日(土)~11月8日(月)に都内で開催される「第34回東京国際映画祭」「Nippon Cinema Now」部門で特集上映が組まれることになった映画『空白』(9月23日公開)の吉田恵輔監督
 10月30日(土)~11月8日(月)に都内で開催される「第34回東京国際映画祭」で、古田新太主演、松坂桃李共演の映画『空白』(9月23日公開)の吉田恵輔監督の特集上映が組まれることが明らかになった。

【画像】森田剛主演の『ヒメアノ~ル』も上映予定

 東京国際映画祭では、昨年までは「Japan Now」部門として現在の日本を代表する邦画作品を紹介してきたが、今年から「Nippon Cinema Now」部門と名称を改め、より多様性に富んだ邦画作品を世界に向けて紹介していく。

 「Japan Now」部門では、今一番海外へ紹介したい映画人として、これまでは原田眞人監督、岩井俊二監督、安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおい(崎はたつざき)ら女優4人、役所広司、大林宜彦監督、深田晃司監督といった、既に映画界の第一線で活躍してきていた映画人を特集してきたが、今年はこれから世界に打って出るであろうアップライジングな新しい才能に焦点をあてる形で特集を組む。

 その第1弾として白羽の矢が立ったのが、吉田監督だ。近年『ヒメアノ〜ル』(2016年)、『犬猿』 (18年)、『愛しのアイリーン』 (18年)、『BLUE/ブルー』(21年)と精力的に作品を発表し、かつ、そのいずれの作品も観る人の心を強く揺さぶる衝撃作となっており、ストーカー、兄弟姉妹、国際結婚、ボクシング、そして新作『空白』では加害者被害者、それぞれの土壌で燻し出される人間関係の狂気ともいえる純粋さ、もしくは純粋なまでの狂気を映画的な視線で描いてきた。その才能は、今後間違いなく国内外の映画祭で注目されるであろう監督である。今回の特集では『空白』を始め『ヒメアノ~ル』『BLUE/ブルー』などの作品が上映される予定だ。

 吉田監督は「映画監督を目指して頑張っていた頃、東京国際映画祭は客として観に行くものでした。そこで自分の作品が上映されるとは夢にも思わなかったです。これは夢が叶ったと言っていいですよね? うれしくて泣いてます。しかも特集上映とはうれしくてお漏らししてます」とコメントを寄せた。

 第34回東京国際映画祭プログラミング・ディレクターの市山尚三氏は「吉田恵輔の映画を最初に見たのは『ヒメアノ~ル』だった。こんなすごい映画を撮る監督がいたのか、と過去作をさかのぼり、それまで見ていなかったことを恥じた。ごくありふれた人々からここまでのドラマを引き出す力はただ事ではない。『Blue/ブルー』、『空白』という2本の傑作が公開される2021年、この特集を組めたことは大きな喜びである」と、敬意を表した。
公開:2021-09-14 10:00
更新:2021-09-20 22:29
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]