2021年10月28日(木)
山形新聞ロゴ
[PR]

江口のりこ、フジ連続ドラマ初主演 “子犬系男子”赤楚衛二から翻弄される【コメントあり】

連続ドラマ『木曜劇場 SUPER RICH』に出演する江口のりこ、赤楚衛二(C)フジテレビ
 女優の江口のりこが、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『木曜劇場 SUPER RICH』(毎週木曜 後10:00)で、同局の連続ドラマ初主演を果たすことが決定した。赤楚衛二演じる無邪気な“子犬系男子”から時には支えられ、時には翻弄される、日々をひたむきに生きるアラフォー女性を演じる。

【個別ショット】『木曜劇場 SUPER RICH』に出演する江口のりこ、赤楚衛二

 クセの強い役どころを巧みに演じ分け、見る人に強烈なインパクトを与えてきた実力派かつ個性派の江口が本作で挑むのは、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業「スリースターブックス」の社長・氷河衛(ひょうが・まもる)。女優の道を歩み続け、今や“働くかっこいい女性”の代名詞である江口が、自身のキャリアと重ねて等身大で挑む。また、江口のセリフは全編を通して関西弁で話される予定で、兵庫県出身の江口が発する、毒舌混じりの小気味よい“ネイティブ関西弁”にも注目だ。

 一方、赤楚は「スリースターブックス」のインターン試験を受ける貧乏学生・春野優(はるの・ゆう)を演じる。その屈託のない笑顔と見る人を虜にするまっすぐな演技で老若男女、国内外を問わず絶大な人気を集める赤楚が、素直でかわいい“子犬系男子”を熱演する。物語が進むにつれ、優が成長し、“脱子犬化“する姿も必見だ。

 今回の発表を受け、江口と赤楚がコメントを寄せた。

■江口のりこ
出演が決まったときは、まずは体力や体調に気をつけなきゃな、と思いました。そして台本を読んでみて、1話からスピーディーな展開で、“その先を早く読みたい!”と、ワクワクしました。まったくのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探せて行けたらなと思います。共演の赤楚さんは柔らかい雰囲気の方なので、リラックスしてお話ができそうだなぁ、とホッとしました。きっと面白いドラマになると思います。是非ご覧になってください。よろしくお願いします。

■赤楚衛二
今までに取り組んだことのない題材と役柄で、新しい挑戦ができることが楽しみですし、木曜劇場にレギュラー出演させていただけて、とても光栄に思います。台本を読んでみて、困難に直面し、目まぐるしい環境の変化の中でも、氷河衛をはじめとした登場人物たちが日々を一生懸命生きる姿に力強さを感じました。江口さんはドラマや映画で拝見し存じ上げていたのですが、このたび撮影で初めてお会いし、凜とした、たたずまいで、かっこいい方だと思いました。
今回僕が演じる春野優からは、世の中に対して不公平さを感じるものの、“自分の人生は自分のものだから光をつかみたい”という気概を感じます。若さ故の不器用さもありますが、役と向き合いながら、そういった人間味も表現できるよう心がけていきます。そして月日がたつにつれ、優の人間力や価値観が変化していく過程も丁寧に描いていけたらと思います。
このドラマが、見てくださった皆様の明日の活力になるような作品になれたらうれしいです。今作のテーマである“本当の幸せ”とは何なのか、衛の波乱な半生と共に、一緒に楽しんでいただけたらと思います。
公開:2021-08-18 05:00
更新:2021-09-08 13:34
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]