2021年9月24日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

【東京五輪】ソフトボールが金メダル獲得 上野由岐子の力投で13年越しの連覇

上野由岐子選手 (C)ORICON NewS inc.
【東京五輪/ソフトボール】米国0-2日本(27日、神奈川・横浜スタジアム)
 13年ぶりに正式種目となったソフトボールで、日本代表が決勝でアメリカ代表を2対0で下し、2008年の北京五輪以来となる13年越しの連覇を達成した。

【写真】13年越しの連覇に抱き合う選手たち!ゆず・北川からの祝福も

 2回の劇的なサヨナラ勝ちを含む4連勝で決勝へと進んだ日本の先発投手は、13年前の前回もエースだった上野由岐子。強力なアメリカ打線に苦戦しながらも5回まで無失点で抑えきった。

 攻撃では4回表に9番・渥美万奈選手のタイムリー内野安打で先制。5回にも5番・藤田倭選手のライトへのタイムリーヒットで1点を追加した。

 6回裏の先頭バッターにヒットを許したところで、上野投手が降板。2番手の後藤希友投手がランナーを背負うピンチを迎えたが、ショートの渥美選手のファインプレーで乗り切った。

 最終回の7回裏は、再びマウンドに上がった上野投手が見事に打ち取り、日本が勝利を飾った。

 なお、ソフトボールは次のパリ大会では行われない。
公開:2021-07-27 22:03
更新:2021-07-27 22:11
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]