2021年9月17日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

『ゴールデンカムイ』連載7年で最終章突入へ 作者「全力で突っ走って終わらせます」

29日発売『週刊ヤングジャンプ』35号の告知ページ (C)野田サトル/集英社
 2014年8月より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中の人気漫画『ゴールデンカムイ』が、最終章に突入することが28日、集英社より発表された。マンガ大賞(2016年)、手塚治虫文化賞 マンガ大賞(2018年)など多くの漫画賞を受賞、テレビアニメ化もされた人気作品が、連載7年を経てついにクライマックスを迎える。

【画像】あの人気キャラ描き下ろす! 作者・野田サトル氏の直筆コメント

 作者の野田サトル氏は「ゴールデンカムイもいよいよクライマックスとなりました。全力で突っ走って終わらせます」と報告し、「この物語の終わりを皆さまと一緒に迎えたいです。よろしくお願いします」と直筆コメントを寄せている。

 また、最終章突入を記念して、未読の人やファンへこれまでのストーリーを振り返ってもらうべく、WEBコミックサイト『となりのヤングジャンプ』、漫画アプリ『ヤンジャン!』にて、29日~9月17日まで全話無料公開する。

 同漫画は、明治時代の北海道を舞台に、アイヌが遺したという大金を手に入れるため、日露戦争の死線を潜り抜けた元軍人の杉元佐一が、アイヌの美少女・アシリパと行動をともにし、一攫千金を夢みるサバイバル漫画。

 シリーズ累計1600万部を突破しており、テレビアニメが3度放送(1期2018年4月~6月、2期同年10月~12月、3期2020年10月~12月)、数々の漫画賞を受賞したほか、2019年5月にイギリス・ロンドンの大英博物館で行われた漫画展『The Citi exhibition Manga』ではキービジュアルに採用されるなど、世界的な人気作品となっている。

 作者の野田氏は、北海道北広島出身で2003年にデビュー。2011年から2012年にかけて『週刊ヤングジャンプ』で『スピナマラダ!』を連載。2014年より同誌にて『ゴールデンカムイ』の連載をスタートさせた。
公開:2021-07-28 00:00
更新:2021-07-29 10:32
ギャラリー
[PR]
[PR]
SDGsフェスタ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]