2021年9月19日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

【五輪開会式】劇団ひとりが“いたずら演出” 荒川静香と寸劇共演

(左から)劇団ひとり、荒川静香氏 (C)ORICON NewS inc.
 東京オリンピックの開会式が23日、東京・国立競技場で行われ、お笑い芸人・劇団ひとり、オリンピアンの荒川静香氏が登場した。

【写真】”聖火ランナーユニフォーム”を着用した石原さとみ

 東京2020オリンピックの職員に扮した劇団が、開会式演出を“イタズラ”するパフォーマンスも。それをたしなめる役どころを荒川氏が演じ、会場のアスリートたちからも歓声が上がっていた。

 開閉会式の共通コンセプトは「Moving Forward」、開会式は「United by Emotion」、同閉会式は「Worlds we share」で、いずれも「世界へ向けたメッセージで、あえて和訳はつくっていない」という。なお、式典の制作進行を管理するエグゼクティブプロデューサーはスポーツマネジメント会社を経営する日置貴之氏。聖火台のデザインは欧州などで高い評価を受ける佐藤オオキ氏が手がけている。
公開:2021-07-23 23:32
更新:2021-07-24 00:01
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]