2021年9月19日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

泣き叫ぶ古田新太と苦悶の表情で土下座する松坂桃李、映画『空白』ビジュアル解禁

主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』(9月23日公開)(C)2021『空白』製作委員会
 古田新太主演、松坂桃李共演の映画『空白』(9月23日公開)の本ビジュアルが解禁となった。大切な一人娘を亡くし、この世の悲しみの全てを放出するかのように慟哭(どうこく)する古田と、虚ろな目で苦悶の表情を浮かべながら土下座をして許しを請う松坂、それぞれ衝撃的なシーンを採用し、強烈なインパクトを与える。

【動画】映画『空白』特報

 本作は、第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(2019年)、現実の祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(20年)、『ヤクザと家族』(21年)など、意欲的・挑戦的なテーマの作品を次々と生み出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ〜ル』(16年)、『愛しのアイリーン』(18年)、『BLUE/ブルー』(21年)など衝撃とともにその才能を見せつけた見せつけた吉田恵輔監督とタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すオリジナル脚本のヒューマンサスペンス。

 物語は、中学生の万引き未遂から始まる。中学生の少女がスーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢(ひ)かれて死亡してしまう。娘のことなど無関心だった少女の父親は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。

 主演映画は7年ぶりの古田が、観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田充役を熱演。土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳直人役を松坂が演じる。“空白”に浮かび上がる2人の間には黒い影が入り、不穏な空気を感じさせる。「空っぽの世界に、光はあるか」の問いに物語はどう答えるのか。さらに期待感の膨らむビジュアルとなっている。
公開:2021-07-23 15:00
更新:2021-07-23 15:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]