2021年10月16日(土)
山形新聞ロゴ
[PR]

アンジュルム・笠原桃奈、年内での卒業発表「海外に身を置き歌やダンスを学びます」【コメント全文】

アンジュルム・笠原桃奈 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・アンジュルムの笠原桃奈(17)が、年内にグループおよびハロー!プロジェクトを卒業することが21日、公式サイトで発表された。

【写真】『装苑』に登場した”ハロプロのおしゃれグループ”アンジュルム

 公式サイトでは「アンジュルムの笠原桃奈ですが年内にアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業いたします」と報告。「卒業については昨年末に話があり、今年に入って具体的に進めていきました」と経緯を説明している。

 「アンジュルム、ハロー!プロジェクトで活動していくうちにたどり着いた、海外に身を置き、歌とダンスを勉強したいという新しい目標。本人の覚悟と決断は相当なものだと思います」とし、「笠原の新たなチャレンジをメンバー、そしてスタッフ一同、応援したいと思っています」と記した。続けて「アンジュルムでの活動は年内までとなります。具体的な時期については、決まり次第改めてお知らせいたします」としている。

 あわせて笠原もコメントも掲載。「突然のご報告で皆様には色々な気持ちを抱かせてしまっていると思います。申し訳ありません」と陳謝。「私は新しい大きな夢のために、一度芸能界を離れ一人で進む決断をしました。卒業後は夢を実現するために、海外に身を置き、改めて歌やダンスを学びます。そこで視野を広げ、ステージの上での在り方を磨きたいと思っています」と思いを伝えた。

 笠原は2003年10月22日生まれ、神奈川県出身。16年7月、アンジュルムに加入し、“かっさー”の愛称で親しまれた。

■笠原桃奈コメント全文

アンジュルムの笠原桃奈です。

いつも応援してくださる皆様に、ご報告させて頂かなければならないことがあります。

私、笠原桃奈は年内を以って、アンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業いたします。

突然のご報告で皆様には色々な気持ちを抱かせてしまっていると思います。申し訳ありません。

私は新しい大きな夢のために、一度芸能界を離れ一人で進む決断をしました。
卒業後は夢を実現するために、海外に身を置き、改めて歌やダンスを学びます。
そこで視野を広げ、ステージの上での在り方を磨きたいと思っています。
無謀じゃないかと自分の中で葛藤しながら沢山考えた末、決めた事です。

叶うことができたら、また皆さんにお会いできる日があるかもしれません。
アンジュルムで経験した全てのことを、大きな夢へ活かしていこうと思っています。

中学一年生、12歳でアンジュルムに加入してからもうすぐ5年が経ちます。
私にとって、アンジュルムがなによりも今の人生の全てです。
大切で、大好きで、アンジュルムがなければ今の私は存在しません。
だからこそ、十代で離れる決断をしました。

私は此処で、歌やダンス、ステージの楽しさだけでなく、自分を好きでいてくれる人たちと愛を伝え合う楽しさや幸せを教えてもらいました。
私は世界で一番、アンジュルムというアイドルが好き。
だからそんなアンジュルムを好きでいてくれる皆さんを心から、世界で一番大好きだと言い切れます。

ハロー!プロジェクトは、何も知らなかった私のアイデンティティを形成してくれた場所であり、なによりも大好きなメンバー達との青春を過ごさせてもらった大切な場所です。
最後までしっかりと、この場所での時間を大切に噛み締めながら、前に進みきちんとした足取りで卒業しようと思います。

これから卒業まで約半年、あっという間に過ぎていってしまいそうで寂しいですが、皆さまにも知って頂いて一緒に過ごす時間を大切にし合えたら、とても幸せです。

改めて、いつも支えてくれるスタッフの方々、こうしてこの文章を読んでくださっているファンの皆さん、家族、大好きなメンバー。
皆さんがいたから、こんな私がここまで幸せにのびのびと、活動することができました。
まだまだ未熟な私ではありますが最後まで成長し続けますし、アンジュルムでの思い出も沢山沢山、作りたいです。
私は本当に幸せです。これからの新しい人生の一歩も、背中を押してくれる人がいて、そしてこの場所にいたから歩もうと思えました。
私は何よりも大切で大好きなアンジュルムから自立をし、一人の人間としての歩みを進めていこうと思います。
最後まで駆け抜けますので、アンジュルムとそしてアンジュルムにいる笠原桃奈の事を、応援してくださると本当にうれしいです。

よろしくお願いします!

2021年6月21日
アンジュルム 笠原桃奈
公開:2021-06-21 21:11
更新:2021-06-22 13:07
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]