2021年10月17日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

『閃光のハサウェイ』歴代パイロットコメントの第2弾 カミーユ・飛田展男&ジュドー・矢尾一樹&ウッソ・阪口大助

ハサウェイへのメッセージを贈った阪口大助 (C)創通・サンライズ
 11日に公開した『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のBlu-ray劇場販売枚数が5万枚を突破した。

【動画】歴代パイロットがハサウェイに贈るメッセージ

 公開劇場全館で鑑賞者のみが購入できる劇場販売Blu-rayの売り上げ枚数が早くも5万枚を突破。2018年の『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』や2014年の『機動戦士ガンダムUC』との劇場販売数と比較しても、大幅に上回る売り上げ枚数となっている。

 ガンダムチャンネルが登録者数105万人突破と『閃光のハサウェイ』公開を記念して、歴代ガンダムパイロットからコメントが届くプロジェクトがスタート。第1弾はアムロ・レイ役の古谷徹の動画が公開されていた。今回の第2弾は3人のガンダムパイロットからコメントが到着。飛田展男(カミーユ・ビダン/『機動戦士Zガンダム』)と矢尾一樹(ジュドー・アーシタ役すら『機動戦士ガンダムZZ』)と阪口大助(ウッソ・エヴィン役/『機動戦士Vガンダム』)がそれぞれの「ガンダム」を振り返っている。3人からの「ハサウェイ」に贈る言葉とは…?

 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、2019年に迎えたガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第2弾として制作される宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。反地球連邦政府運動「マフティー」の戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。

公開:2021-06-17 16:26
更新:2021-06-17 16:26
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]