2021年12月1日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

日向坂46・東村芽依、銭湯の看板娘に 『BUBKA』ソログラビア&家族とのエピソードも告白

『BUBKA』7月号に登場する日向坂46・東村芽依
 人気アイドルグループ・日向坂46の東村芽依が、アイドルカルチャー誌『BUBKA』7月号(白夜書房)のグラビアに登場。「猫湯」という銭湯の看板娘に扮した東村が、そのやんちゃなキャラクターを存分に発揮し、銭湯を舞台に躍動感あふれる姿を見せた。

【写真】やんちゃな素顔が満載!『日向撮』東村芽依の”推しカバー”

 インタビューでは、決定まで1年を要した東村のファンの総称についての経緯や、ミステリアスな彼女の一端が垣間見える家族とのエピソードを語っている。さらに、特別付録の両面ポスターにも登場する。

 同号の表紙を飾ったのは、同じく日向坂46の金村美玖。3度目のソロ表紙で、約4年のアイドル人生をグラビア、インタビュー、名言集、年表で振り返る28ページの大特集が掲載される。グラビアでは「おひさま」カラーのオレンジ色のタンクトップに身を包んでかき氷を食べたり、ポロシャツワンピース姿で健康的な素肌を見せるなど、初夏を感じさせる爽やかなシチュエーションのほか、胸キュン必至の猫耳姿や表紙でも着用するエレガントな白衣装など、正統派な金村のビジュアルを余すことなく切り取っている。

 対談インタビューでは、富田鈴花・高橋未来虹、宮田愛萌・森本茉莉の先輩後輩コンビ対談を2本収録。それぞれ5thシングル「君しか勝たん」の裏ジャケットを飾るペアでありながら、ファンからもよく「似ている」と言われるという2組。仲良くなったきっかけから後輩の悩み相談まで、インタビュー中にもさらに親睦を深めていく2組の関係性により注目したくなる対談となっている。

 現在ローソンで実施中の「日向坂46キャンペーン」に合わせて、同誌でもローソン・HMV限定版を発売。通常版と同じく金村が表紙を飾っており、限定付録として金村の両面クリアファイルが付いてくる。

 そのほか、48グループからは先月号で「初」水着を披露し、爆発的な話題をさらったNMB48・本郷柚巴のアザーカットグラビアを掲載。次世代グラビアクイーンになりうる逸材感をこれでもかと見せつける。WACKからは謎に包まれた新グループ「ASP」メンバーが全員登場。マスクを脱いだ彼女たちの素顔がインタビューとともに明らかになる。
公開:2021-06-01 16:00
更新:2021-06-01 16:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]