2021年6月22日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

石橋貴明、始球式で西武・山川穂高と対決「160キロ、出ていましたよね?」 ロッテ・佐々木朗希にエールも

とんねるず・石橋貴明 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が16日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズvs埼玉西武ライオンズの試合前の始球式に登場した。

【写真】始球式に臨む背番号16・石橋貴明

 西武の4番打者・山川穂高選手を“指名”し、マウンドよりも少し前からノーバウンド投球を披露した。ビジョンには「148.4キロ(イシバシ)」と球速が表示され、駆けつけた野球ファンから大きな拍手を浴びていた。

 始球式後、球団を通じて石橋は「何十年ぶりの始球式。ドジャースタジアムでドジャースで投げて以来かもしれないです。やっぱり、お客様に見守られて投げるというのは最高の気持ちですね」とコメント。

 同日に1軍初マウンドを飾った佐々木朗希投手に対しては「プロ野球界の宝の船出に参加することが出来てうれしかったです。本当にこれからの千葉ロッテマリーンズを、いや球界を背負って立つ大エースになることを願っています」とエール。最後には「本日はありがとうございました。私、160キロ、出ていましたよね?」と笑っていた。
公開:2021-05-16 15:28
更新:2021-05-16 15:53
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]