2021年6月22日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

水木一郎率いる「アニソン登山部」 初ライブで豪華メドレー熱唱

「マジンガーZ(21st century ver.)」を熱唱した水木一郎 (C)ORICON NewS inc.
 アニメソングの帝王・水木一郎が率いる「アニソン登山部」が16日、配信特化型ライブハウス「日清食品 POWER STATION[REBOOT]」で開催された初の配信ライブイベント『水木一郎 with アニソン登山部 SPECIAL ONLINE LIVE 2021』に出演した。

【ライブ写真】影山ヒロノブ、堀江美都子、高取ヒデアキら豪華メドレー

 「アニソン登山部」とは、Z景(絶景)と温泉、その土地のグルメをセットで楽しむ安全登山がモットーのアニソンシンガー、ミュージシャン、スタッフからなる山歩きの集まり。初ライブには、水木を筆頭に、堀江美都子、影山ヒロノブ、NoB、高取ヒデアキ、谷本貴義、高橋秀幸、吉田仁美、松原剛志、IMAJOら豪華な顔ぶれが集結した。

 幕開けは、アーティスト全員で「マジンガーZ(21st century ver.)」を熱唱。水木は「登山部のみんなとライブ。開幕からZ連発ですよ! うれしいゼーット!」とおなじみのポーズもバッチリ決め、視聴したファンたちもコメント欄で大きく沸いた。

 その後も高取の「ハリケンジャー参上」、NoBの「ペガサス幻想」、影山の「夢光年」、堀江の「キャンディ キャンディ」など、特撮・アニメのヒット曲を豪華メドレーで披露した。ライブ中盤には、全員が登山服に着替え、これまで挑戦した登山の思い出話に花を咲かせ、全員で「登頂ライブ歌唱曲メドレー」をしっとりと歌い上げた。

 この日に生で初歌唱された「HOME~きっと僕らはここで巡り会うから~」は、緊急事態宣言による自粛期間中にメンバーが4小節ずつ作詞作曲バトンをつなぎ、テレワークで制作された楽曲。コロナ禍のなか「先行きの見えない状況が続く中、この時代を懸命に生きるすべての人にエールを贈りたい」というメッセージを、全員の歌声で届けた。

 ライブ直後のアフタートークでは、影山は「どんなライブになるか分からなかったけど、ぶっちゃけめっちゃ楽しかったですよ!」と充実感たっぷりの笑顔。堀江も「このチャットを観ながら歌うことに、まだまだ慣れていないけれど、この(コメントの)数を見てるだけでも、これだけの人が観てくれていると感じることがうれしかったです。皆さんが健康で幸せいっぱいの毎日を送れるよう、アニメソングがその助けになれるよう、これからも歌い続けます」。ラストには、画面越しのファンに向けて水木が「また会おうゼーット!」と呼びかけて締めていた。

 同ライブは、5月23日午後11時59分まで「日清食品 POWER STATION[REBOOT]」の公式サイト(https://nissin-ps.com/live/detail/2c9a9b95)にて見逃し視聴が可能。一般チケットは3,300円(税込)。

■『水木一郎 with アニソン登山部 SPECIAL ONLINE LIVE 2021』のセットリスト
M01.マジンガーZ(全員)
M02.ハリケンジャー参上(高取ヒデアキ)
M03.海賊戦隊ゴーカイジャー(松原剛志)
M04.Chase You up!パトレンジャー(吉田仁美)
M05.ペガサス幻想(NoB)
M06.未確認飛行船(谷本貴義)
M07.バスターズ レディーゴー!(高橋秀幸)
M08.登頂ライブ歌唱曲メドレー(全員)
M09.夢光年(影山ヒロノブ)
M10.Time~2036の選択~(堀江美都子、影山ヒロノブ)
M11.キャンディ キャンディ(堀江美都子)
M12.月光仮面は誰でしょう(高取ヒデアキ)
M13.最高最強 SUPER STARS!(NoB、松原剛志、吉田仁美)
M14.HOME~きっと僕らはここで巡り会うから~(全員)
M15.懐かしくってヒーロー(全員)
公開:2021-05-16 21:44
更新:2021-05-16 21:44
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]