2021年6月22日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

加藤浩次、吉本芸人と共演に「粛清されてないんだ(笑)」 ジュニアやケンコバら「もう会えないと…」

ABEMAオリジナル番組『石橋貴明プレミアム第10弾 THE強運マスターズ』に出演した加藤浩次(C)AbemaTV, Inc.
 石橋貴明出演のABEMAオリジナル番組『石橋貴明プレミアム第10弾 THE強運マスターズ』が7日に放送された。

【画像】大悟、石橋貴明との収録に遅刻し「10年前だったら死んでたぞ」と注意

 記念すべき10回目となる放送回では、これまであらゆる運を引き寄せ、芸能界を昇り詰めてきた総勢15人の芸能人たちがさまざまな運試しゲームで対決し、“強運マスター”の座をかけ、し烈なバトルを繰り広げる『THE強運マスターズ』を開催。

 「我こそが“最強運”の持ち主」と名乗りを上げたのは、石橋と約6年ぶりの共演となるお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!、お笑い芸人のケンドーコバヤシ、タレントの鈴木紗理奈、フリーアナウンサーの高橋真麻、お笑いコンビ・千鳥の大悟、お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニア、元乃木坂46の中田花奈、女優の松田るから15人。スタジオ進行役はお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇と、女優の水原希子が務め、真剣バトルを大いに盛り上げた。

 番組冒頭では、豪華なメンツがそろったことについて、石橋が「吉本が多いな」とコメント。すると、すかさず加藤が「僕、吉本出ました」と一言。さらに、「でも、ジュニアくんとかコバヤシとか、くぅちゃん(くっきー)、大悟とかと仕事できるって言うことは粛清されてないんだと思って(笑)」と語ると、吉本メンバーからは「もう会えないと思ってましたよ」、「会えて良かった」といった声があがり、スタジオは笑いに包まれた。

 続いて、『石橋貴明プレミアム』の第1弾で初めて石橋と共演したという大悟は「前回初めて共演して、そのあと(一緒に)飲みにいったんですよ。そのあとにもう1回タカさんと会ったんですけど、その時に僕がちょっと遅刻して。その酒を飲んだ日があったから許されたんですけど、遅刻した時におエラいさんがワシのところに来て『10年前だったら死んでたぞ!』って(笑)」と、石橋とのエピソードを語り、笑わせた。

 さらに、くっきーは、初共演となる石橋について「背格好も想像できてなくて、大きいんだろうなとは思ってたけど。(前に)道頓堀でピーターアーツに偶然会ったことがあるんですけど、その時と同じ感覚です」と独特な表現で語り、冒頭からアクセル全開だった。

 番組内では並べられたイスの中にたった1つだけ用意された電気が流れるビリビリイスを見事引き当てた人が勝利となる「THEビリビリマスターズ」や、おいしそうなお寿司の中から、激辛わさびが入ったお寿司を引き当てた人が勝利となる「THE寿司アンマスターズ」といったバラエティ企画の対決も挑戦。8本あるマウスウォッシュの中にたった1つだけ用意された“激苦味”のマウスウォッシュを引き当てた人が勝利となる「THEマウスウォッシュマスターズ」では、なかなか“激苦味”が当たらない中、最後まで残った2つを加藤とくっきーで選択することに。お互い選んだものを同時に試すと、加藤さんが見事“激苦味”を引き当てた。あまりの苦さに「なんじゃこりゃ」と大暴れする加藤に対し、くっきーが「ざまあみろ! 吉本出るからじゃ!」とツッコむと、会場は大爆笑に包まれた。

 豪華出演陣の真剣勝負の模様は『ABEMAビデオ』で1週間無料で視聴可能。
公開:2021-05-08 19:19
更新:2021-05-08 19:19
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]