2021年10月26日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

サイバー系ギャルの“昔の写真”に驚愕「変わりたいって思えば、思い切り変身できる」

メタモルフォーゼしたイラストレーター・デデさん
 イラストレーターでありサイバー系ギャルのデデさんが昔の写真と今の写真を並べて投稿したツイートが話題を呼んだ。おとなしそうな普通の女の子が、ド派手な“サイバー系ギャル”に大変身して日常生活に影響したこととは? 過去の自分を振り返りつつ、公開に至った経緯や現在の活動状況など、本人に話を聞いた。

【漫画】あか抜けないイラストレーターがサイバーギャルに!? 漫画でわかる進化過程

■過去画像の公開に葛藤なし「昔の自分も大好き」

――ビフォーアフターを公開したツイートが話題でしたね。

【デデ】最初に公開したのは一昨年の年末ごろだったかなぁと思います。センター街を歩いていたら『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)のインタビューを受けて。最初は「今時こんなギャル珍しいな」って感じで声かけていただいたんだと思うんですが、話の流れで昔の写真を見せることになって、話題にしていただけました(笑)。

――過去の画像を公開するのは、誰しも多少の抵抗があるのではないかと思うのですが、デデさんには葛藤はありませんでしたか?

【デデ】葛藤はまったくなかったです(笑)! こんなに変化しているけど、昔の自分も嫌いじゃないからかなぁ。あの頃は絵の仕事に100%を注いでいて、とにかく毎日イラストを描いていたんです。あの頃の自分がなかったら、今より絵が下手だったかもしれませんし…「我ながらいい段階の踏み方をした!」と思っています(笑)。

――本業はイラストレーター・漫画家さんなんですもんね。

【デデ】そうなんです。デデ名義で活動を始める前からも、別名義でイラストレーターとしても漫画家としても活動しておりました。現在は、イラストレーターと漫画家と、YouTuberをやっているギャルです。

――イラストレーター、漫画家として、具体的にはどのような活動をしているのでしょうか?

【デデ】国内外のアーティストさんのCDジャケットや、企業のステッカー、YouTubeのアニメーション用のイラスト、オリジナルキャラクターである“ミミちゃん”グッズの自費制作などです。漫画家としては、私がギャルになった経緯を描いた実録漫画『こんなギャルってアリですか??』を連載しています。ビフォーアフターの写真に反響をいただいたので、「これ詳しく漫画に描いたらおもしろいんじゃ?」と思って、自分から『pixco』に持ち込みました。

――ビフォーアフターの反響を受けて、漫画の連載につながったんですね。

【デデ】そうなんですよ。ただのギャルの実録漫画だったらNGだったと思いますし、この題材で提案できたことがお仕事につながったと思います。元デブでよかった…(笑)。

――ビフォーのお写真よりも、現在の方が若く見えるといった声もありましたが、あれは何歳くらいの時のお写真なのでしょうか?

【デデ】性別と年齢はありません! 出身は近未来の最新型ギャルです!

――なるほど! 野暮な質問でした。では、サイバー系ギャルに変化するうえで努力したこと、大変だったことを教えてください。

【デデ】きっと当時はそれなりに苦労した事もあったと思いますが、今思い返すとこれが大変だった! という記憶はなく…。ダイエットはしたんだと思うんですが…“メタモルフォーゼ”ってきっと楽しい事の方が大きいんですね。

――どんなことが楽しかったですか?

【デデ】先輩ギャルのみなさんのお写真とか動画を拝んで、日々メイクを研究して…。「ここに線入れるとめっちゃ映える!」とか「このカラコンで顔が変わった!」という発見があるたびに「これだからやめられない!」という気持ちになっていました。おかしな表現かもしれませんが、“変化が楽しかったから、変化できた”って感じです(笑)。

■目指すは子どもに人気の“サイバーギャル”「夢はギャル界のヒカキン(笑)」

――今と当時を比較して、自信の変化について思うことは? 外見だけでなく、内面にも変化を感じることがあれば教えてください。

【デデ】ギャルになってから、「優しくなったね!」とか、「性格が明るくなったね!」って褒められることがすごく多くなりました。自分でもそう思いますね。思ってたよりも外見にコンプレックスがあったのかなあ。もちろん、ギャルになったところでコンプレックスが完全に消える事はありませんが、和らいだことで穏やかになれたのかも! やった!

――反響により、フォロワーやチャンネル登録者も増えたのではないかと思います。SNSで発信することの重要性をどのように感じていますか?

【デデ】増えました!ありがたい事に…。私がYouTubeをやっている理由、一番発信していきたい事は、「こんなギャルもいるんだよ」という事です。世間が抱くギャルのイメージって、“汚い”、“怖い”みたいなマイナスなモノがまだまだ多いと思います。ですが実際は全然違って。いろんなギャルさんと接してきましたが、優しい方がとても多かったし、ゴリゴリに派手なのに、喋ってみるとおしとやかな子もいたりして。世間のギャルに対してのマイナスイメージを払拭するべくYouTubeチャンネルを作りました。今ってインターネットの情報が一番広がりやすいだろうし、誰でも簡単に発信できちゃうので。

ーーYoutubeでは派手で可愛いネイルも公開されていますね。

【デデ】完全にやり方が自己流ですし、プロの方が見たら笑われちゃうレベルですが…(笑)。セルフネイルでここまでロングにする人ってあまりいなさそうだなぁって思ったのがきっかけで始めました。もしかしたら面白がってもらえるかもって。

――デデさんが「サイバー系ギャル」として活動する中で、大切にしていることはありますか?

【デデ】自分から発信しておいて何ですが、“サイバーギャル”としての活動、難しいんです…。この世にサイバーな既製品ってすごく少なくて、なので“それっぽいもの”で賄うしかなくって。“それっぽくないもの”を身に着けない努力をしています(笑)。赤色はそれっぽくないからダメ、金具のついた服やアクセサリーは、必ずシルバーで、ゴールドNGとか。革の素材とかウッド素材とか暖かみのあるものもNG! めっちゃ好みのものでもサイバーに生きるために我慢しています。キツいと思うこともありますが、そんなスタイルを貫く自分が好きなのでがんばれます!

――NGがあるというのは大変そうですね…! では最後に、今後目指すもの、さらなる目標があれば教えてください。

【デデ】親御さんがお子さんに安心して見せられるようなギャルチャンネルを目指していこうと思います。そしてそのお子さんが、「将来はギャルになる!」って言ってくれると嬉しいな。でっかい夢ですが、ギャル界のヒカキンさんになりたい(笑)。
公開:2021-05-08 08:40
更新:2021-05-08 08:40
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]