2021年12月6日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

中年男性が”女性化”することで得た面白み、加工アプリにハマり「日常のちょっとした楽しみが増えた」

仕事が終わり、買い物してきたことを報告する美女、鏡に写り込む後ろ姿にも注目(画像提供:在宅のアーマーさん)
 「この美女はいったい誰…?」ツイッターに投稿された、ロングヘアの女性の自撮り写真が話題に。投稿主は在宅のアーマーさん(@zaitaku_iyada)で、実際は50代の男性だという。FaceAppという写真アプリにはまり、いまでは“女性化”した状態で日常写真を投稿することが趣味となり「日常のちょっとした楽しさが増えた」と語る。投稿への反響や、写真加工の秘訣について話を聞いた。

【写真】「お風呂入ったよ」自撮りで報告する美女、鏡に写る本来の姿から目が離せない

■「可愛いと言われるのは純粋に嬉しい」女性化にはまったきっかけ

――FaceAppで写真の加工をしてみようと思ったきっかけは?

「投稿するようになったのは、昨年のコロナ渦で自宅に居る機会が増えていたときです。ツイッター上でFaceAppを使って女性化してる写真をいくつか見て、自分でもやってみたら面白いかな~と思ってやってみたんです。ツイッターにアップされた写真を見かけたので、自分もアップしてみようと気軽な考えで始めました」

――加工によって女性化することで、「可愛い」とSNSに沢山のコメントが寄せられています。その反響についてはいかがですか?

「可愛いと言われるのは純粋に嬉しいのと、加工技術が凄いアプリなんだなと思いました。ただ反響があるともっといい写真をアップしないとなとも感じてました。ツイッターでは割とネタ的要素がウケるので、その辺はちょっと意識してました」

――在宅のアーマーさんが“女性化”することによって、ご自身のなかのどんな気持ちが満たされますか? 普段の自分とは違う“非日常感”を楽しむ考え方もあるのかなと感じますが、いかがですか?

「あまり非日常に行けたらとかは考えないのですが、女性化することで日常のちょっとした楽しさが増えた感じですかね。写真を撮っている時はこれを加工したら盛れるかなとか考えますし、実際に加工してキレイに盛れた時には本当に満足出来ます」

■「背景が鏡だと元の姿も写り込むので、それも面白いかなと思って(笑)」

 現在は在宅ワークで勤務をしている在宅のアーマーさん。自身のツイッターには、「しごおわでお買い物して来た。」「ランチは何にしようかな」「お風呂入ってきますね…またあとで」など、常に女性化した状態の加工写真をアップし続けている。徹底された世界観の作り込みに、海外でもニュースとして扱われ話題を集めている。

――鏡にチラリと本来の自分の後ろ姿を映していたり、クスっと笑える加工写真も投稿されています。写真を撮影するときにこだわっているポイントをお聞かせください。

「自撮りする時は角度と光の加減に注意してます。背景が鏡だと元の姿も写り込むので、それも面白いかなと思って(笑)。実はだいぶ前からTwitter上にアップしていたのですよ」

――ご家庭があり、お子様がいらっしゃるとのこと。ご家族は、在宅のアーマーさんのFaceAppの趣味をご存知なのでしょうか?

「実は家族には何も言ってないので知らないと思います。自撮りしてる姿も見せたことないので、まさかこんな加工写真をアップしてるとも思ってないでしょうね(笑)」

――ご自分だけの趣味ということですね。在宅のアーマーさんにとって、FaceAppで写真を加工するのは、どのような意味合いを持ちますか?

「FaceAppは興味半分で始めましたが、今や生活の一部になってます。やり始めたはいいけど、いつまで続けるのかなぁ~と想像もつかないですね。とりあえず今のところは飽きることなく毎日楽しく使ってます」
公開:2021-05-01 08:40
更新:2021-05-07 15:05
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]