2021年9月28日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

脚本家・橋田壽賀子さん急性リンパ腫のため死去 95歳 『おしん』『渡る世間は鬼ばかり』など

橋田壽賀子さん (C)ORICON NewS inc.
 脚本家の橋田壽賀子(本名:岩崎壽賀子)さんが、急性リンパ腫のため4日午前9時13分死去した。95歳。5日、一般財団法人・橋田文化財団が発表した。

【写真】当時合計183歳コンビ…橋田壽賀子さん&石井ふく子氏が『SNOW』挑戦

 橋田さんは、今年2月下旬、都内の病院に入院し、治療に専念。3月中旬、熱海市内の病院に転院。4月3日、熱海市内の自宅に戻り、翌4日、静かに息を引き取った。なお、故人の遺志により、通夜、告別式は執り行わず、きょう5日、茶毘(だび)に付された。

 書面では「皆さまへ事前にお知らせできませんでしたことをお詫び申し上げますと共に、ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と伝え、橋田文化財団については今後も「故人の想いを引き継ぎ、今後も、放送文化の発展に微力ながら貢献して参る所存です」としている。

 なお、お別れの会などについても、遺志に従い、行う予定はない。

 橋田さんは、京城出身。松竹に入社。1959年よりフリーの脚本家になる。『おしん』、『渡る世間は鬼ばかり』、『春日局』、『おんな太閤記』など、数々の国民的テレビドラマを生み出し、大ヒットとなる。66年、TBSプロデューサーの岩崎嘉一と結婚。92年、橋田文化財団設立し、理事長に就任。
公開:2021-04-05 17:08
更新:2021-04-05 17:33
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]