日系人収容82年、暗部忘れず 米大統領の子孫「悲劇記憶を」

2/20 15:24
 スミソニアン米国歴史博物館で開かれた日系人強制収容を巡る討論会=19日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米ワシントンにあるスミソニアン米国歴史博物館で19日、第2次大戦中の日系人を対象とした強制収容を振り返るイベントが開かれた。根拠となった1942年のルーズベルト大統領による大統領令署名から82年となる中、「米国の歴史の暗部を忘れてはいけない」との声が相次いだ。

 討論会では、ルーズベルトのひ孫に当たる芸術家ペリン・アイルランドさん(39)が「悲劇を記憶し、二度と繰り返してはならないと言い続けることが非常に重要だ」と話した。41年の真珠湾攻撃による日米開戦を経て、「敵性外国人」とされた日系人12万人超が強制収容所に送られる様子を描いた自作のアニメも紹介した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 スミソニアン米国歴史博物館で開かれた日系人強制収容を巡る討論会=19日、ワシントン(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]