「数十万人の兵士の命、救えた」 ロシア補佐官、停戦交渉頓挫で

11/29 09:58
 ロシアのメジンスキー大統領補佐官(タス=共同)

 ロシアのメジンスキー大統領補佐官は28日、昨年3月の停戦交渉で「ロシアは戦争を終わらせる用意があった」と認めたウクライナ政権与党幹部の発言について、ウクライナがその時点で停戦に応じていれば「数十万人の兵士の命が救えただろう」と述べた。タス通信などが伝えた。

 メジンスキー氏は昨年3月末に行われた停戦交渉でのロシア側代表団長。ウクライナ代表団の一員だったアラハミヤ氏が今月24日に報じられたインタビューで、交渉後に当時のジョンソン英首相がキーウを訪問して停戦に反対し「戦闘を続けよう」と話したと証言したことについて「ウクライナが外国から支配されていることを自ら認めた」と指摘した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ロシアのメジンスキー大統領補佐官(タス=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]