W杯、国交なしでも入国認める イスラエル観客、注意促す

11/28 18:00
 イスラエル・テルアビブの空港で、サッカーW杯カタール大会観戦のために搭乗の列をつくるファン=20日(ゲッティ=共同)

 【エルサレム共同】サッカーW杯開催国のカタール政府は大会期間中、国交のないイスラエル人観戦者の入国を認めている。イスラエルとアラブ諸国との関係改善を踏まえた措置とみられる。イスラエル外務省は反イスラエル感情を考慮し、同国人であることを強調しないよう注意を促している。

 イスラエル代表はW杯出場を逃したが、サッカーは最も人気のあるスポーツの一つ。地元メディアによると、推定約3万人が訪れるとされる。

 イスラエルは20年にUAEやバーレーンと国交を正常化。イスラエルのスポーツ記者は「今回の措置がカタールとの国交正常化への第一歩になる可能性もある」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 イスラエル・テルアビブの空港で、サッカーW杯カタール大会観戦のために搭乗の列をつくるファン=20日(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]