米ロ首脳、7日に会談 ウクライナ緊張緩和なるか

12/6 16:58

 【ワシントン共同】バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領は7日、テレビ電話で会談する。ロシア軍がウクライナ国境近くに部隊を大規模展開、米欧で侵攻への懸念が高まる中、緊張緩和につなげられるかどうかが焦点となる。核軍備管理を含めた戦略的安定、サイバー問題も意見交換する見通しだ。

 ロシアは侵攻する考えはないと主張する一方、北大西洋条約機構(NATO)がこれ以上東方に拡大しない法的保証を要求する。プーチン氏はウクライナを巡る「レッドライン(許容できない一線)」にも言及。バイデン氏はこれを拒否しており、応酬も予想される。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]