香港紙23日にも停刊と報道 資金繰り悪化「辞職続出」

6/22 19:26
 22日、香港の新聞スタンドで蘋果日報を数部購入する女性(ゲッティ=共同)

 【香港共同】香港紙、星島日報は22日、香港国家安全維持法(国安法)違反による資産凍結で資金繰りが悪化している香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)社について、23日にも事業停止に追い込まれる可能性があると報じた。同社は25日に停止の是非を決める予定だが、既に多くの社員が辞職しており、事業運営に影響が出ているという。

 一方、香港政府の林鄭月娥行政長官は22日の定例記者会見で、蘋果日報に対する取り締まりを巡り「報道の自由に対する攻撃ではない」と表明。国安法違反の罪による蘋果日報社などの起訴について、「国家の安全に危害を加える行為」が対象だと説明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 22日、香港の新聞スタンドで蘋果日報を数部購入する女性(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]