元米当局者「UFOは実在する」 国防総省、報告書提出へ

5/18 16:25
 海軍が撮影した「謎の空中現象」とされる映像の一こま(米国防総省提供)

 【ワシントン共同】米国防総省で未確認飛行物体(UFO)に関する情報を収集して分析するプロジェクトの責任者だった元当局者が18日までに、米CBSテレビの番組で「UFOは実在する」と明言した。同省は6月、UFOに関する報告書を議会に提出予定だ。

 元当局者はルイス・エリゾンド氏。米軍の諜報作戦に長年従事した後、2008年に国防総省の「先端航空宇宙脅威特定計画」(AATIP)に加わり、10年から責任者を務めた。科学者や技術者、情報分析の専門家と共に、米軍のパイロットらが任務中に遭遇した謎の飛行物体の映像などを分析したという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 海軍が撮影した「謎の空中現象」とされる映像の一こま(米国防総省提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]