NATO、アフガンから共に去る 36カ国9600人、5月までに

4/15 10:26
 NATO本部でオンライン会合に臨む(左から)米国のオースティン国防長官、ブリンケン国務長官ら=14日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)は14日、ブリュッセルの本部に米国のブリンケン国務長官、オースティン国防長官らを迎えて加盟国外相、国防相のオンライン会合を開いた。会合後、米国を含む36カ国、約9600人の部隊は「5月1日までに」協調してアフガニスタンから撤退を始めるとの声明を発表。NATO主導の「史上最大級の連合」は「共に去ろうとしている」と強調した。

 声明は「撤退は対アフガン関係の終了ではなく、新しい章の開始」で、今後も同国と国民を支えると指摘。共同記者会見でオースティン氏は、同国治安部隊の能力向上のため資金提供は続ける方向と説明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 NATO本部でオンライン会合に臨む(左から)米国のオースティン国防長官、ブリンケン国務長官ら=14日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]