大統領選の郵便票3日後まで集計 米最高裁、激戦州で認める

10/20 12:52
 ペンシルベニア州の郵便局=8月、フィラデルフィア(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米連邦最高裁は19日、大統領選の結果を左右する激戦州の一つ、東部ペンシルベニア州で郵便投票の集計を投開票日の3日後の11月6日到着分まで認める判断を示した。投開票日までの消印があることなどが条件。米メディアが伝えた。

 同州では規定により、郵便を含めた期日前投票用紙の開封、集計作業は投開票日からしか着手できないため、期日前投票が増えれば結果判明が遅れるとみられている。

 政権奪還を目指す民主党が投開票日以降の到着分も集計できるよう求め、9月に州最高裁が3日間の延長を認めた。延長に反対する共和党は不服として連邦最高裁の判断を仰いでいた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ペンシルベニア州の郵便局=8月、フィラデルフィア(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]