キプロスの和平協議、糸口見えず 北の右派大統領、強硬路線に

10/19 15:40
 北キプロス・トルコ共和国の大統領選で勝利し、演説するタタル首相(中央)=18日、ニコシア(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】地中海の分断国家キプロスの北側、北キプロス・トルコ共和国の大統領選で勝利した親トルコで右派系のエルシン・タタル首相は、南側との和平協議を強硬路線で臨む方針だ。国連は関係国を交え協議再開に意欲を示しているが、事態打開の糸口は見えていない。

 南側、ギリシャ系のキプロス共和国との和平協議は2017年に決裂し、暗礁に乗り上げたままだ。タタル氏は18日の勝利演説の中で「絶対にひるまない。政府を守り、主権を守り、独立を守る」と強調した。協議に参加する関係国としてトルコの重要性も訴えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 北キプロス・トルコ共和国の大統領選で勝利し、演説するタタル首相(中央)=18日、ニコシア(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]