米司法省、グーグルを提訴へ ネット検索で独禁法違反

9/28 15:01
 米グーグルの本社=2013年1月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米司法省は、米グーグルがインターネット検索で優位な立場を利用し、競争を阻害しているとして、同社を独占禁止法(反トラスト法)違反で近く提訴する方向となった。複数の米メディアが28日までに伝えた。

 AP通信によると、司法省は今月24日、州の司法当局にグーグルに対する計画を説明し、支援を求めた。司法省は、グーグルのオンライン広告事業についても調査を進めているという。

 提訴すれば、1990年代後半の米マイクロソフトの独禁法違反訴訟に匹敵する重大訴訟となる。グーグルは全面的に争うとみられる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 米グーグルの本社=2013年1月(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]