フィギュア、15歳島田が2連覇 上薗3位、世界ジュニア

3/1 22:42
 女子フリーで演技する島田麻央=台北(共同)

 【台北共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は1日、台北で行われ、女子は15歳の島田麻央(木下アカデミー)が合計218・36点で全種目を通じて日本勢初の2連覇を果たした。ショートプログラム(SP)2位で迎えたフリーは4回転トーループに成功し、トップの145・76点をマークして逆転した。

 SP8位だった13歳の上薗恋奈(LYS)がフリー3位の合計194・70点で銅メダル。同じく初出場の16歳、櫛田育良(木下アカデミー)は180・97点でSPから二つ順位を下げて5位だった。SP首位の辛智娥(韓国)が212・43点で2位。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 女子フリーで演技する島田麻央=台北(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]