42歳松井大輔が現役引退 元日本代表、10年W杯で貢献

2/20 22:42
 2010年6月、W杯南ア大会1次リーグのデンマーク戦でクロスに飛び込む松井大輔=ルステンブルク(共同)

 サッカー元日本代表の松井大輔(42)が20日、現役引退を発表した。2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会では16強入りに貢献するなど日本代表で31試合1得点。フランスなど欧州でも活躍した。

 京都府出身で、鹿児島実高から00年にJ1京都でプロデビュー。ドリブルや独創的プレーが持ち味で、04年アテネ五輪にも出場した。フランスのルマンやグルノーブルのほか、ロシアやブルガリアでもプレー。J1磐田、横浜FCなどを経てJ3のYS横浜を昨年末に退団した。同クラブでフットサルにも挑戦した。

 引退発表の場になったインスタライブでは元日本代表の本田圭佑と大久保嘉人さん、女子レスリングで五輪3連覇の吉田沙保里さんとトーク。今後については育成年代の選手に「ドリブルとかを教えたい」と話し、「第二の人生も応援お願いします」と呼びかけた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2010年6月、W杯南ア大会1次リーグのデンマーク戦でクロスに飛び込む松井大輔=ルステンブルク(共同)
 サッカーW杯南アフリカ大会でプレーする松井大輔=2010年6月、ブルームフォンテーン(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]