敷根、飯村らが予選突破 フェンシング高円宮杯

12/8 19:26
 予選 シンガポール選手(手前)と対戦する敷根崇裕。決勝トーナメントに進んだ=愛知県国際展示場

 フェンシング男子フルーレの高円宮杯ワールドカップ(W杯)第1日は8日、愛知県国際展示場で個人予選が行われ、7月の世界選手権の団体で日本の金メダル獲得に貢献した敷根崇裕(ネクサス)、飯村一輝(慶大)らが64人による9日の決勝トーナメントに進んだ。鈴村健太(大垣ケーブルテレビ)は敗退した。

 同選手権団体の金メダルメンバーで、個人でも銅メダルに輝いた松山恭助(JTB)はシードされ、本戦の1回戦から登場する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 予選 シンガポール選手(手前)と対戦する敷根崇裕。決勝トーナメントに進んだ=愛知県国際展示場
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]