Jリーグ、スタジアム確保は可能 シーズン移行案で見込み

11/28 20:22

 Jリーグの樋口順也フットボール本部長は28日、理事会後に記者会見し、開幕を現行の2月から8月に変えるシーズン移行案で課題に挙がっていたスタジアム確保について「クリアできる見込みであることが分かっている」と説明した。各クラブに本拠地を確保できる時期と試合数を確認し、シミュレーションした。

 シーズン移行した場合、高校、大学を卒業する選手のクラブ加入時期は、これまで通り原則として1、2月ごろにする方針も示した。

 野々村芳和チェアマンは、議論を踏まえ「ばらばらだったところが、一つの方向性を見いだすことができているとは思っている。すごく実りあるいい時間になっている」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]