広島・栗林、年俸1億円を突破 球団、WBC代表入りを考慮

11/28 16:36
 契約交渉を終え、笑顔で撮影に応じる広島・栗林=28日、マツダスタジアム

 広島の栗林良吏投手が28日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、2千万円増の年俸1億1500万円でサインした。大台突破に「今年の成績だけではここまで上がらない。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を考慮してもらった」と球団の配慮に感謝の面持ちだった。

 3月のWBCでは腰を痛めて登板機会なく途中離脱し、シーズン開幕後も不調に苦しんだ。5月初めに右内転筋の負傷で離脱。復帰後は抑えから配置転換された中継ぎで登板を重ねて復調し、自己最多の55試合に登板して3勝7敗18セーブ、防御率2・92。通算100セーブまであと14となった。(金額は推定)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 契約交渉を終え、笑顔で撮影に応じる広島・栗林=28日、マツダスタジアム
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]