アルゼンチン、オランダが8強 決勝トーナメント始まる

12/4 06:46
 アルゼンチン―オーストラリア 前半、先制ゴールを決めるアルゼンチンのメッシ=アルラヤン(共同)

 サッカーのワールドカップ(W杯)第14日は3日、アルラヤンなどで16強による決勝トーナメント1回戦が始まり、アルゼンチンとオランダがともに2大会ぶりに準々決勝に進出した。9日(日本時間10日)に4強入りを懸けて対戦する。両チームは2014年ブラジル大会の準決勝でぶつかり、アルゼンチンが延長を終えて0―0からのPK戦を制した。

 1次リーグC組1位のアルゼンチンはメッシが先制点を挙げ、D組2位のオーストラリアに2―1で勝った。2大会ぶり出場でA組1位のオランダはB組2位の米国を3―1で下した。(共同)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 アルゼンチン―オーストラリア 前半、先制ゴールを決めるアルゼンチンのメッシ=アルラヤン(共同)
 オランダ―米国 前半、先制ゴールを決め、駆け出すオランダのデパイ(中央左)。GKターナー=ドーハ(共同)
 オランダ―米国 前半、チーム2点目のゴールを決め駆け出すオランダのブリント(右端)=ドーハ(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]