島田、片伊勢がSP首位 フィギュア全日本ジュニア

11/26 22:00
 女子SP 演技する島田麻央=山新スイミングアリーナ

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権第2日は26日、茨城県ひたちなか市の山新スイミングアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)は昨年覇者で14歳の島田麻央(木下アカデミー)が66・52点で首位に立った。男子SPは片伊勢武アミン(関大)が83・27点でトップ、吉岡希(法大)が71・84点で2位。

 島田と片伊勢、吉岡は12月にジュニア・グランプリ(GP)ファイナル(トリノ)が控える。

 アイスダンスは来田奈央、森田真沙也組(木下アカデミー)が25日のリズムダンスに続いてフリーも1位の合計161・92点で2連覇した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 女子SP 演技する島田麻央=山新スイミングアリーナ
 男子SPで首位の片伊勢武アミン=山新スイミングアリーナ
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]