若隆景が単独で年間最多勝 57勝目、全6場所勝ち越し

11/26 18:56
 若隆景(左)が押し出しで北勝富士を下す=福岡国際センター

 大相撲九州場所14日目の26日、関脇若隆景が今年の57勝目をマークし、単独での年間最多勝が決まった。2位の豊昇龍と琴ノ若がともに敗れ、3差に広がった。

 27歳の若隆景は13日目に初の年間最多勝を確定させていた。今年は新関脇だった春場所を12勝3敗で初優勝。秋場所で11勝を挙げるなど、6場所全てで勝ち越す安定感を示した。14日目の取組後に「特に(意識は)ない。明日の相撲に集中する」とだけ話した。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「良くやっている。だがもう一つ足りない。重圧がある中で勝たないといけない」とあえて注文を付けた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 若隆景(左)が押し出しで北勝富士を下す=福岡国際センター
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]