高安2敗堅持し単独首位 貴景勝、阿炎が3敗で追う

11/26 19:51
 高安(右)がはたき込みで輝を破る=福岡国際センター

 大相撲九州場所14日目(26日・福岡国際センター)初優勝を目指す平幕高安が輝をはたき込み、12勝2敗で単独トップを守った。大関貴景勝は王鵬を押し出し、平幕阿炎は関脇豊昇龍を引き落として3敗をキープ。優勝争いは3人に絞られた。豊昇龍と王鵬は4敗目。

 千秋楽で高安が阿炎に勝てば初の賜杯。高安が敗れた場合、貴景勝が関脇若隆景に勝てば三つどもえの優勝決定戦にもつれ、敗れれば高安と阿炎の決定戦となる。

 来場所の大関陥落が決まっている正代は関脇御嶽海を押し出して6勝目。御嶽海は負け越した。若隆景は勝ち越しを決め、今年の57勝目で単独での年間最多勝が確定した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 高安(右)がはたき込みで輝を破る=福岡国際センター
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]