大阪桐蔭、逆転で史上初の2連覇 明大は最多7度目、明治神宮野球

11/24 19:23
 高校の部で史上初の連覇を達成し、喜ぶ大阪桐蔭ナイン=神宮

 第53回明治神宮野球大会最終日は24日、神宮球場で決勝が行われ、高校の部は大阪桐蔭(近畿)が広陵(中国)を6―5で下し、2年連続2度目の優勝を果たした。高校で大会連覇は史上初。近畿地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を獲得し、同地区の枠は7となった。

 大学の部は明大(東京六大学)が国学院大(東都)に1―0で勝ち、6年ぶりの優勝。史上最多を更新する7度目の制覇となった。

 大阪桐蔭は0―5の五回に長沢の三塁打など打線がつながって追い付くと、六回に山田の内野安打で勝ち越した。

 明大は三回に蓑尾の適時打で先制。村田が完封した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 高校の部で史上初の連覇を達成し、喜ぶ大阪桐蔭ナイン=神宮
 国学院大に勝利し、6年ぶり7回目の優勝を決め喜ぶ明大ナイン=神宮
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]