バレー女子「4強の壁越えたい」 ネーションズリーグ決勝大会へ

7/7 18:44

 バレーボールでネーションズリーグ女子決勝大会(13日開幕・アンカラ)に臨む日本代表がオンラインで記者会見し、真鍋政義監督は目標を決勝大会進出から4強入りに上方修正したことを明かし「ベスト4の壁を越えるのは非常に厳しいと思うが、ベストな布陣で、全力で臨みたい」と抱負を述べた。

 1次リーグは開幕から8連勝。古賀紗理那(NEC)のバックアタックなど、攻撃の幅が広がった。ただ、その後は4連敗も喫し、真鍋監督は「コンビが合わなくなったときに相手にブロックされ、負けパターンになる」と課題を挙げた。

 日本は5位で通過し、2位通過のブラジルと13日の準々決勝で対戦する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]