女子規定「拷問」と世界陸連非難 800メートル金のセメンヤ

5/24 10:41
 南アフリカの五輪金メダリスト、セメンヤ選手(AP=共同)

 男性ホルモンのテストステロン値が高い陸上女子選手の出場資格を制限する世界陸連の規定を巡り、女子800メートルで五輪金メダリストのキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が、基準内に下げるために迫られた薬の服用は「拷問」で「毎日ナイフで自分を刺しているようなものだ」などと非難した。AP通信が23日、英紙テレグラフの報道を引用して報じた。

 先天的にテストステロン値が高いとされるセメンヤは18歳で優勝した2009年世界選手権で性別を疑問視され、女性器を見せることまで申し出たと同紙に告白した。(共同)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 南アフリカの五輪金メダリスト、セメンヤ選手(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]