ソフトバンク上林が右足首負傷 試合前の守備練習

5/18 19:08
 西武戦の試合前の守備練習で右足首を負傷し、担架で運ばれるソフトバンク・上林=沖縄セルラー

 ソフトバンクの上林誠知外野手が18日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた西武戦の試合前の守備練習で右足首を負傷した。歩くことができず、担架で運ばれて病院へ向かった。「7番・中堅」で先発予定だったが、オーダーを外れ、柳町達外野手に代わった。

 球団によると、飛球を捕球して送球しようと踏ん張った際に、右足に力が入らず転倒したという。9年目の今季は33試合に出場し、打率3割1厘と好調を維持していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 西武戦の試合前の守備練習で右足首を負傷し、担架で運ばれるソフトバンク・上林=沖縄セルラー
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]