大橋悠依「五輪意識せず挑めた」 競泳女子2冠、決戦終え心境

8/6 11:53
 オンラインで取材に応じる競泳女子の大橋悠依=6日

 競泳女子個人メドレー2冠に輝いた大橋悠依(イトマン東進)が6日、共同通信などのインタビューにオンラインで応じ「あまり五輪ということを意識せず挑めた。久しぶりの国際大会が東京にやってきた、という感覚だった」と決戦を終えた心境を語った。

 既に選手村を離れ、リラックスした表情。レース映像は何度も見直しているそうで、大接戦を制した200メートル個人メドレーは終盤、再三横を見ていることが気になったという。「いい泳ぎだけど、全然完璧じゃなかった」と苦笑いした。

 今後は8月下旬からの国際リーグ(ISL)に出場する意向だが、その後は未定。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 オンラインで取材に応じる競泳女子の大橋悠依=6日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]