世界柔道、大野は決勝で敗れる 長沢は5位

6/11 01:29

 柔道の世界選手権第5日は10日、ブダペストで男女各1階級が行われ、女子70キロ級は2018年3位で31歳の大野陽子(コマツ)が決勝でバルバラ・マティッチ(クロアチア)に優勢で敗れ、初優勝を逃した。初戦の2回戦から4試合連続一本勝ちで勝ち上がったが、最後に力尽きた。

 男子90キロ級は18年3位の長沢憲大(パーク24)が5位だった。準決勝では18年優勝で世界ランキング1位のニコロズ・シェラザジシビリ(スペイン)に一本負け。3位決定戦はマルクス・ニーマン(スウェーデン)に延長の末に優勢で敗れた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]