汚染水漏れ、東電社長呼び指導へ 再発防止へ経産相、21日に

2/20 13:07
 斎藤健経済産業相

 斎藤健経済産業相は20日の閣議後記者会見で、東京電力の小早川智明社長を21日に経産省に呼び、福島第1原発での汚染水漏れや作業員への廃液飛散について再発防止策の徹底を指導する考えを示した。斎藤氏は「一つのミスでも地元や社会の信頼を失いかねない。東電は地元の心配や懸念を踏まえ、最大限の緊張感を持って取り組んでほしい」と指摘した。

 第1原発では7日、建屋の排気口から推計で放射性物質約66億ベクレルを含む水約1・5トンが建屋脇に漏れ出た。原因は協力企業の作業員による確認ミスだった。昨年10月には作業員が放射性物質を含む廃液を浴びる事故が起きている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 斎藤健経済産業相
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]