東電社長に再発防止指導へ 汚染水漏れ、経産相

2/18 17:30
 斎藤健経産相

 斎藤健経済産業相は18日、東京電力福島第1原発で起きた汚染水漏れや作業員への廃液飛散を受け、東電の小早川智明社長と今後面会し、再発防止策の徹底を指導すると明らかにした。福島市で開かれた福島復興再生協議会で、自治体関係者らに「最大限の緊張感を持って取り組む必要があると、さらに厳しく指導したい」と述べた。

 協議会に出席した内堀雅雄福島県知事は取材に「(トラブルが)続くと信頼関係にひびが入る。原発処理水の海洋放出への国際的な信頼性の問題にもなりかねない」と懸念を示し、政府に対応を求めた。

 会合で斎藤氏は、汚染水漏れや廃液飛散について「心配をかけ、おわび申し上げる」と謝罪した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 斎藤健経産相
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]