ノーベル物理学賞、欧米の3人に 量子基礎研究、新たな現象を実証

10/4 21:21
 ノーベル物理学賞を(スクリーン左から)アラン・アスペ、ジョン・クラウザー、アントン・ツァイリンガーの3氏に授与すると発表した記者会見=4日、ストックホルム(スウェーデン通信提供・AP=共同)

 【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは4日、2022年のノーベル物理学賞を、量子力学の基礎研究で成果を上げたフランスのパリ・サクレー大のアラン・アスペ教授ら3人に授与すると発表した。

 他の2人は米国のジョン・クラウザー元カリフォルニア大バークリー校研究員と、オーストリアのアントン・ツァイリンガーウィーン大名誉教授。

 クラウザー氏とアスペ氏は、実験を通じて古典力学の常識を破り、「量子もつれ」が生じることを証明した。ツァイリンガー氏は実験で「量子テレポーテーション」が起きることを実証し、量子情報科学という新分野の基礎を築いた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ノーベル物理学賞を(スクリーン左から)アラン・アスペ、ジョン・クラウザー、アントン・ツァイリンガーの3氏に授与すると発表した記者会見=4日、ストックホルム(スウェーデン通信提供・AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]